読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寫真days

旅や街中で撮った写真を掲載していきます。すべての鼓動を、美しく。

GFXとX100Fを触ってきた

_DSC2661

 

 

今日は伏見駅近くにあるフジフイルムのビルでXシリーズの体験会に行ってきました。

 

f:id:takumi-bought:20170129204518j:image

 

やはり目玉はミラーレス中版カメラGFX 50Sみたいですごい人でした。個人的にこういうイベントに初めて参加したのでキョロキョロしてました。写真を撮ろうかと思ったのですが邪魔になると思い辞めました。なので文書だけになります。

GFXは中版カメラとしてはやはり小さく、軽かったのですがやはりレンズは大きいですね。ソニーのフルサイズミラーレスなどもそうですがカメラばかり小さく軽くなっただけでレンズはレフ機とあまり変わらないので重心が前側に寄ってしまってあまり恩恵を受けない気がしましたがこちらもその通りでした。しかし5000万画素もある中版カメラを手持ち撮影することはあまりないと思うのでこの機種に限っては関係ないかなとも思いました。

次にX100Fです。私は前機種のX100Tを持ってますがまず起動速度が全然違います。またメニューをいじる時、フィルムシュミレーションを変える時などの諸動作がとても軽いです。もたつきが少なくモッサリしてる感じはほとんどない。またAFは専用レバーはもちろんのことスピードもが上がっていました。しかしスナップ撮影する程度ならあまり気にするほどではないかもしれません。

またEVFの色表現がだいぶマシになりました。

私が使っているX100TのEVFと液晶で全然色が違います。EVFのほうは彩度が高すぎて、色は全くあてになりません。構図確認が限界でしたがX100Fになり同系統と色が出ているように感じました(室内だったので細かいところはまではわからず)。

 

その後荻原史郎さんのトークショーがあり、GFXの写真を語っていて、技術的な話が多少あるのかなと思ってメモしようと準備したのですが全体的にカメラの魅力の話でそういうのがなかったので少し残念でした。

 

その後は1階にあった写真展を見てまっすぐ帰りました。

GFXは高すぎるし、全然考えてませんがX100Fは少し考えてしまいますね。邪道と言われるかも知れませんが液晶が可動式だとより撮影の表現の幅が広がるのでお願いしたいところ。

でも14万かぁ.....

 

今日はここらへんで失礼致します。