寫真days

旅や街中で撮った写真を掲載していきます。すべての鼓動を、美しく。

明治神宮を歩く

DSCF4421


こっちに来て半年以上経ちましたがずっと行ってみたいところがありました。
明治神宮です。
イマイチ明治神宮ってどこあたりあるのかわからなかったんですが原宿の隣にあったんですね〜〜〜(お上りさん)


外国人多い。
なんとなくなんですが寺社とりわけ神社はアジア系観光客が少ない気がしますね。
白人系?欧米系の方が多い気がする。


DSCF4424


参拝もしたんですが目の前である欧米系の方が同じ欧米系の友達に二拝・二拍手・一拝を教えていてすごいと思いました。
それと同時に自分はできていなかったので恥ずかしくもありました。


DSCF4435


浅草の浅草寺に行った時もそうだったのですが改修していて、こんなのがかけられていました・・・・
オリンピック前にみんな綺麗にしておくのかな・・・・

親子

DSCF4418


仲睦まじい家族はこっちも笑顔になりますね。

トンネル

DSCF4414


子供の頃に一度はやったことがあるトンネルの中でああっ!!と大声出して遊ぶこと。
僕は今でもやってしまいますね・・・
あの反響する感じがすき。大人がやっても面白い。


写真はXF 56mm f1.2で撮った。
APS-Cと言えどもけっこうボケますね。前ボケ、後ろボケもいい感じ。

イスラム建築を覗く

DSCF4360-2


続いて東京ジャーミイです。
モスク内は女性が肌を見せないようにしないと入場できません。
スカーフ等が準備してあるので何か持っていく必要はありませんが女性はスカートや露出が多いものはやめておいたほうが良いかもしれませんね。


DSCF4361


DSCF4365


日曜の昼間に行ったのですが案外空いていて、自分と他3人ほどでした。
外は暑かったのに物凄く空気が冷たくビックリ!!


DSCF4373


たぶん聖書コーラン
撮っているときに窓がバタンッ!!と閉まってこれまたびっくりした。


DSCF4375


キリスト教教会みたいな派手さはないですは綺麗なステンドグラスです。

1階は男性の礼拝所(女性も入れます)、2階は女性の礼拝所(男性は入れません)


DSCF4385


でも男性が階段から降りてきたのみたんだよなぁ。ちゃんと張り紙見てなかったのかなぁ。


DSCF4405


入場料は全くいらず、駅から近いので東京に住んでいる方は行ってみてはどうでしょうか。

日本でモスクを見れる場所 東京ジャーミイ

DSCF4358


モスクとはイスラム教の教会です。
日本はアジアの島国ということもありイスラム教徒はほとんどおらず、それに伴いモスクもありませんでした。
しかし少し前にトルコ共和国がモスクを建築し、日本で唯一のモスクが誕生しました。

国立新美術館のあとに行ってみましたのでカメラは引き続きX-pro2です。

場所は代々木上原のあります。
駅から歩いて10分あるかないかって感じです。


DSCF4349


DSCF4348


XF56mmいいな〜〜(使いこなせる気がしない)


1階が食堂やお土産売り場となっており、2階が礼拝所となっております。


DSCF4355


DSCF4353


トルコのお皿ですね。700円位だったと記憶してます。ボッタクリみたいな値段ではないです(トルコ共和国が運営しているので文化伝播の意義があるのだろうと思います)


DSCF4350


次回も続きを書きます。

新しいフジフイルムを試す。つづき

DSCF4341


引き続きX-PRO2で撮ったものを掲載していきますが似たようなものが連続します。
この寫眞はXF56mm f1.2 APDなのですがピントが甘かったのか微妙にピンぼけしてますね。
あとf2.0というF値も影響してたのかな。


DSCF4326


DSCF4337


光加減といい、解像力もすごいです。


DSCF4322


国立新美術館に何故行ったのかというと国立新美術館のデザインをした黒川紀章氏は母方の祖父と高校の同級生で私はあまり覚えていませんが親交があったらしく、それを思い出して向かったという感じです。


DSCF4343


最後はXF56mm f1.2 APDです。
換算85mmは慣れてなくて、レンズに振り回されている感じがしましたが少し新鮮味があり楽しかったですね。

新しいフジフイルムを試す。

新しいフジフイルムを試すとか大層なこと言ってますが素人ですし、もうX-RPO2から1年経過してるっつうのっていうツッコミなしで


DSCF4310


六本木にあるフジフイルムサービスステーションでカメラとレンズをレンタルしてきました。


カメラはX-PRO2、レンズはXF23mm F1.4とXF56mm f1.2 APDです。
広角標準単焦点と中望遠単焦点です。
今日の写真はすべてXF23mm F1.4ですが後日掲載するのはF1.4も多少あります。
正直に言うとあまり56mmのほうは出番がなかった。
やっぱ被写体を選びますね。
すべて撮って出しJPEGでプロビアです。

場所は乃木坂にある国立新美術館です。


DSCF4312


よくフォトヨドバシで見る景色です。


DSCF4331


解像力ハンパないですねこの23mmf1.4。
APS-Cでも十分なボケ、そして味。
絞れば驚異的な解像力(開放でもフリンジが出ることを除けば解像力は高いです)
AFが遅いと聞いてましたがそんなに???って感じでしたね。
前から走ってくる犬とか厳しいかもしれませんが立ち止まってスナップなら十分です。


DSCF4334


10周年ということで企画展示してましたね。


DSCF4335


X-PRO2もキビキビ動くし、いいなとは思ったんですがプチフリーズすることがしばしば。
他にもこれは自分のSDカードが悪いのもあるとは思うんですが書き込みに時間がかかります。(JPEGとRAW同時書き込み)
D750ではこんなことなかったんですよね。連射じゃないですよ。単射で少し待たされるのです。そこが少しう〜〜んってなりましたね。
撮る、画像をチェックする、撮影に戻るっていうのがワンテンポ遅れる。人によってはイライラするんじゃないかな〜。
私はギリギリ我慢できそう。


DSCF4325


撮って出しJPEGで驚いたのはX100Tと全く違うということ。
X100Tはプロビアでさえ良くも悪くも色が濃くて、濁ってるのではないかと思うくらいコッテリしてます。
それがX-PRO2では発色がある程度抑えられており、扱いやすい色表現になったと個人的には感じます。
私はこっちの色味のほうが好きです。
X100Tも悪くはないのですが色味が被写体を選ぶのです。なので私はクラシッククロームで色褪せた写真がすきだったのですが・・・


高画素化したからなのかポップコーン現象もある程度は抑えられている、気になりませんね。


では
次も国立新美術館です。