読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寫真days

旅や街中で撮った写真を掲載していきます。すべての鼓動を、美しく。

Lightroomのプリセット、VSCO FILMを使ってみた その1

数あるRAW現像ソフト中で1番有名であろう、Lightroom
彩度やコントラストといった基本なことから、ゴミ取り機能や部分削除機能などメーカー純正のソフトより多機能かつ、使いやすい、是非ともおすすめしたいLightroom


DSCF2153


その機能の中にプリセットと呼ばれるものがあります。
これはある程度数値の設定が決まっているものを写真に適用することで変化を簡単に楽しめるものです。
クロスプロセスやモノクロ、セピアなど簡単なものは最初から備え付けてあります。

そこへ有料ですがフィルム風に現像してくれるものがあります。
それがVSCO FILMというものです。


vsco.co


全部で8つあります。
一つ57USDで日本円で約6300円。
正直言って、高いです。前はもっと高くて100USD越えてたと思います。


DSCF2168


細かいことはいろんな人が書かれているので下記を参考にしてください。


blog.eflens.net


個人的なオススメは2と5です。
使いやすいものが含まれています。
今回載せている写真はすべてVSCOのフィルムプリセットで現像しています。


DSCF2143


DSCF2151


DSCF2156


三つ目の紫陽花だけどうしてもどのフィルムを適用しても、フィルムっぽくならずデジタル感が残りました。
写真や色彩によって得意不得意あるのはFUJIFILMと一緒ですね。


DSCF2146


公園では紫陽花が8部咲きって感じでしたね。


DSCF2154


X100Tのレンズで絞り開放。
レンズの特徴も相まって、好みな仕上がりになりました。


野良猫たちも撮影したのですがそれは次回に・・・・